« | トップページ | 技メモ »

初めてのための幻術講座(再掲)

この記事は再掲です。

以前の内容とあまり大きくは変わっていません

今更初めての人がいるのか、という話ですが。
というか次期は被りルールのため幻術を使わないこと確定な気がして仕方ない私ですが。

今期、幻術を使いたいという方、SPダメージって面白そうって方、なんとなく選んでしまった方へ。

とりあえず私の知っている範囲でSP戦術についてまとめました。

すごい大まかな一般論です。細かいところに言及しだすとキリがないので。

もう半分以上終わっている今となっては今更な内容ですが。

○SPダメージ戦術について。

SPダメージ戦術とは
SPダメージ技をたたきこんで、相手のSPを枯渇させます。枯渇した相手は技が使えなくなり、とたんに戦力がダウンします。
SPが枯渇した後は、SPダメージはHPダメージに換算されるため、以後の攻撃にも十分参加できます。
枯渇後のダメージは結構強力だったりしますので、通常の攻撃と比べて見劣りすることはありません。むしろ特化したなら吹き飛んでいるんじゃないかという攻撃力を発揮しました。(あくまで前期の話で、今期はメスが入っているかもしれませんが)
もともと想定していた技を使えなくなったり、SP回復に追われたり、必殺技が出なくて以後の設定に影響を与えたり、と、対人戦ではかなりの効果を発揮します。

一方、通常戦ではそこまで強力ではありません。
弱くはありませんが、一般的に通常戦の敵はPCより能力合計が高いものが多く、さらに技の使用設定も緩いことが多いため、SPを枯渇するまでダメージを与えにくいとなると長期戦になり、ちょっと不利になるからです。
ボス戦などは結構顕著にその傾向が出ます。

まあ、初めから長期戦を想定していればいいのですが。それでも自分のSPなどの消耗は考慮に入れる必要があります。
とはいっても、詰んでしまうほどにはならないと思いますので、まあそこまで気にせず頑張ってみてください。

SPダメージ戦術を考えるには

○SPダメージは「魔法」
まず原則として、SPダメージは今のところ分かっているものはすべて魔法ダメージです。物理技との複合でも、SPダメージ部分は魔法です。(ごく一部に判定に特殊なものもありますが、それも厳密には魔法です。)
つまり、MATがないと悲しいことになります。あと、MHITがないとそもそも当らなかったりします。
物理系でSP枯渇戦術を行うことも不可能ではないでしょうが、それにはやはり大変な労力がいりますし、説明も長くなってしまいます。
もし余力があったら、魔法以外でSPダメージを生み出す方法をまとめてみますが、今は「SPダメージを生み出すためには基本的に魔力型でなくてはならない」ということで話を進めます。
それほど吹き飛んだMATが必要ということはないですが。MATやMHITを必要なだけ確保できるだけの魔力や技能は重要です。
特に、初期に魔術がないとSPダメージは結構苦労すると思います。そんな場合は魔力や魔石強度をしっかり準備してください。

○とにかく先手を取る。

SP枯渇を考える上で、一番大切なのはこれでしょう。
相手が技を使い切った後にSP枯渇を仕掛けても相手を止めることはできません。HPダメージに変換されるようになって無駄にはならなくなりましたが戦術としては失敗です。
ゆえに、先手を取ることは非常に重要になってきます。

そうなると、とにかく必要なのは敏捷です。先手を取るには器用も必要ですが、魔法系で物理とタメ張れるほど器用に振るのは難しい、という側面があります。
ですので、速効型の物理キャラに対して魔法型が先手を取るのはひと工夫いると思いますが、頑張って取れるようにしましょう。
戦闘開始時のWAITは、非接触のWAIT減少技で一応軽減できたはずですので(微々たるものですが、先手を取る程度には役に立つことも)、それらを有効利用して先手を取る方法も考慮に入れていってください。

○ある程度の威力を得たら、攻撃力より手数の確保

SPダメージはある一定以上のダメージを与えると、相手のSPが残っていても一部がHPダメージに変換されます。
この変換によって、SPダメージは一発の攻撃で削れるSP量が限られています。相手のMSPによってMSPの10-20%で変動してました。大まかに見て15%前後だと思っておいてください。
つまり、相手のSPを枯渇させるには手数が必要になってきます。

もちろん威力があれば低係数の周回技も脅威になりますが、それでも行動数は確実にいります。上位の技には結構係数の高い技もあるので、それを生かす感じで手数を増やしていくのがいいでしょう。

○十分なSPの確保
もう一つ重要になるのがSPの確保です。連続で技を使うならSPが十分じゃないといけません。まあ、だいたい魔力と幻術上げていれば事足りるんですが。足りないようならどこかで補完を考えましょう。
特に、上の項目で速度が重要だと言っていますが、敏捷のMSPの伸びは悲しくなるくらい低いです。その辺も把握しておきましょう。

また、SPの回復方法も重要になってくるのでそういう技もきっちり考慮に入れましょう。幻術は比較的SP回復技を取りやすいですけどね。(幻術召喚のソウルブレン、直系上位、夢幻のブリスなど)

まとめ。

ここまでの結果を大雑把にまとめると、

○魔法使い型(最低でも物魔型)である程度の攻撃力を確保し、敏捷その他で行動数を確保する。余裕があれば器用など先手を取る方法をおさえておく。SPは大目に確保できるよう考える。

という感じになります。

……まあ、といってもたいがいの速攻型魔法キャラに当てはまりますね。この条件。
重要なパラメーターは魔力、敏捷、おまけで器用、といったところ。
ただ、体格は探索に重要なアイテム所持数にかかわってきます。また初期のHPにもかかわるのできっちり考えて初期値を割り振りましょう。

|

« | トップページ | 技メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのための幻術講座(再掲):

« | トップページ | 技メモ »